ゆかりの日記

ゲームや映画、ラノベをメインとした感想文ブログ。

【映画】天気の子を観てきたよ(ネタバレ有)

tenkinoko.com

爽やかなボーイミーツガール話だったけど……?


結末がまさかの
実質BAD ENDになってて草。

前作「君の名は」よりも作品全体のクオリティは完全にアップしており、
それに加え前作よりもややコアオタクに好かれやすい作品になっているように見えました。

前作よりはオタク向け?

具体的には例えば巫女の特徴である「いけにえ」要素なんてまさにオタクの大好きな特殊性癖設定の一つですし、
ラストの東京水没ENDという一種のBAD ENDはコアなオタクであればあるほど自分が描く結末の一つとして認める許容のある人が多い傾向にあります。(例えばコードギアスとかね。)

要所要所でツッコミシーンあり

話を戻して天気の子の感想を。
新宿近郊が舞台です。
普段から新宿に入り浸っている私にはとても楽しい作品でした。

途中西武新宿駅付近から代々木の方まで線路上を走り抜けるシーンがあります。この場面新宿付近を俯瞰しているので街並みがよく見えて良かったですね。
普段人だらけのホーム上を突っ切って線路を走り抜けるなんて羨ましいなあ。
協賛会社にJR東日本が入ってたからスタッフさん達は実際線路上を歩いたりしたのでしょうか?

その他見どころはラブホテルで一夜を過ごすシーン。ラブホテルの正しい使い方とは何なのかを視聴者に語りかけるシーンでございました。身体に悪そうな食べ物を美味しがる主人公らの身体が心配です。

就寝前ヒロインの身体が段々浸食されていく姿は、昔観た「もののけ姫」のディダラボッチを思い出します。あのヌメヌメした感じはアニメ業界にとって浸食の象徴なんでしょうか?

スタッフ

主題歌担当は前作に続きRADWIMPSです。挿入歌も合わせて癖のない汎用性のある曲が多いなあと思いました。前前前世〜よりはインパクト少ない気はします。まあ無難オブ無難ですね。

声優陣は安定の芸能人起用。サブにきむりょこと木村良平さん、梶さんがいてちょっと安心しました。オタクにもオタク以外にも優しい起用で嬉しいですね。

作画について。新海誠作品はオタク寄りにありつつも一般人に受け入れやすい塗りをしているなあと興味深く観察していました。
例えばヒロインの髪型って私みたいな絵心ない奴が描いたらきっと鈍臭い田舎娘になっちゃいますが、プロが描くと幼さの残るしっかり者に見える。ただ単に二つ結びするんじゃなくて少し巻いてるのかな?
塗りは派手塗りせず同系色でまとめている。参考になります。次は天気の子のイラスト描いてみよう。

f:id:marufujisan:20190726075831j:plain

まとめ

評価は★★★★☆(4.0)
(★…1点、☆…0.5点。5点満点)
東京水没ENDは衝撃的で楽しかった。線路上を走り抜けるシーンがインパクト高かった。
原作未読なので暇ができたら読もうと思います。原作もラストは東京水没ENDなんだろうか。ワクワクします。

【期間限定・アクセスコード付き】小説 天気の子 (角川文庫)

【期間限定・アクセスコード付き】小説 天気の子 (角川文庫)

▼参考になりましたらポチッと一票お願いします♪▼

日記・雑談ランキング