ゆかりの日記

ゲームや映画、ラノベをメインとした感想文ブログ。

VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード) 汐音ルートプレイレポート(ネタバレ有)

f:id:marufujisan:20190420083230j:plain
VARIABLE BARRICADE
公式サイト:VARIABLE BARRICADE

汐音ルートの感想文を以下まとめ。ネタバレしかありません。
バリバリって何気に最後にプレイするvitaのソフトかも。私の中で。

[バリバリ記事一覧]
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)のプレイレポ1(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)大我ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)那由太ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)壱哉ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード) 真相ルートプレイレポート&総評(ネタバレ有)完 - ゆかりの日記

汐音について

愛されゆるふわビューティー”がキャッチコピーの彼。
ヒバリに対して甘いセリフが多いです。外では気を張らなければならないヒバリにとって、汐音の存在は精神的な支えとして機能していました。
……まあ中盤以降それが半分詐欺ってことが判明しますけど。ゆるふわどころかドSじゃい!

ヒバリが汐音を求めるのは自然な流れなので良かったです。(後述)
逆に汐音がヒバリに対して好意を持ち始めたのはどこなのかなーって思い返すとあまりピンと来ません。

恋するヒロインの心情を表現することのほうが乙女ゲームの優先順位は高いので仕方ないのかもしれません。
この点をマイナス評価にする気はありませんが少し物足りなかったのは事実ですね。
彼視点の心情はファンディスクなりファンブックなりで展開してほしいね。

ストーリー感想

汐音に絆されていくヒバリの姿も面白かったですけど、私がそれ以上に印象に残った点は汐音と春日のバトル
小姑と嫁バトルを見ているみたいで面白かったですね。当の本人たちは溜まったものではないでしょうが(笑)

東条家の娘として外では気を張らなくてはいけないヒバリ。
プライベートですら人に甘え自分らしさを前に出すのが苦手な彼女を見ていくうちに
汐音は彼女に足りないのは“無条件に愛するということ”がわかります。

汐音はヒバリから愛される前にまずは”彼女の心を癒やす“必要があると方向転換します。
ここから汐音のターンに入ります。
今まで誰かに求められ、求められるものを与えていた経験がそのままヒバリ攻略に活かされることになります。

段々と絆されていくヒバリの姿は、RPGでレベルカンストした主人公に薙ぎ払われる雑魚のように見えました。

しばらくの間汐音のターンが続きますが終盤ヒバリは汐音に地雷発言をしてしまい、汐音のドSモードが発令します。
要約すると、ヒバリが世間体を気にせず自分に素直になってくれるまで汐音はヒバリを突き放すことになります。
途中ギクシャクするシーンが多く歯がゆくなりました。大我と同じく何度ドSと思ったことか!

なんだかんだ絆を深めてきた甲斐があったおかげで
気持ちの整理を女友達や他の花嫁候補に手助けしてもらい、
汐音に恋人宣言するシーンはとても格好良かったです。

乙女ゲームなのにヒロインの告白が格好いいって珍しいかも。

エンディング感想

LOVE END

いわゆるハッピーエンド。汐音はぱったりと仕事を辞めてヒバリの癒し担当(=ヒモ)になりました。
このエンディングでは東条家が今後も安定して地位を守ること、
春日には小姑担当を担っていただくことは必須かも(不本意だろうけど)。
ヒバリと汐音だけではなんとなく不安が残ってしまうから(笑)

最後の嫉妬する汐音のスチルがとても良かったです。
ファンディスクあったら攻略キャラをもっとピックアップしてください~

ANOTHER END

最後の最後に理性が勝るとこちらのエンディングへ。汐音はそのまま仕事を継続することに。
恋愛のいざこざについては一旦休戦モードになったと思いきや、出演しているTV番組で公開処刑されるヒバリ。
汐音のドSスマイルスチルに笑ってしまいました。
こっちの方が健全な関係のような気もしますが、
私は相思相愛になったLOVEENDの方が好き。

BAD END

ドSモード発令中の汐音に耐えきれず逃げ出すエンディング。
気持ちはわからなくもないけれど汐音やおじいちゃんの心情を思うとやりきれない内容だったなぁと。

MARRY END

開始数分で見られるエンディング。ぶっちゃけ手抜きエンディングェ……
たどり着くのに苦労しました。だってスキップしまくっていたんですもの。

まとめ

終盤のとある場面で見られるヒバリのセリフが汐音ルートをすべて物語っていました。

厳しく私を奮い立たせてくれる春日も、
1人の女の子として立場を忘れさせてくれる汐音さんも、
これからの私には、両方が必要なの

普段は厳しく律してくれる執事くんがいて、帰宅したら癒やし担当の彼氏がいるなんておいしいシチュエーションだよね。
これだけでも話作れそうな予感。次2人目は大我ルート行ってきます。

[バリバリ記事一覧]
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)のプレイレポ1(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)大我ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)那由太ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)壱哉ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード) 真相ルートプレイレポート&総評(ネタバレ有)完 - ゆかりの日記

▼参考になりましたらポチッと一票お願いします♪▼

ゲームプレイ日記ランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

※「VARIABLE BARRICADE」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。