ゆかりの日記

ゲームや映画、ラノベをメインとした感想文ブログ。

VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)壱哉ルートプレイレポート(ネタバレ有)

攻略キャラのルートでは最後に攻略しました。
壱哉ルートはカウンセリングストーリーでしたね。誰かおくすり持ってきてー
(以下ネタバレ)

f:id:marufujisan:20190428084603j:plain
VARIABLE BARRICADE
公式サイト:VARIABLE BARRICADE

[バリバリ記事一覧]
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)のプレイレポ1(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード) 汐音ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)大我ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)那由太ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード) 真相ルートプレイレポート&総評(ネタバレ有)完 - ゆかりの日記

壱哉さんについて

愛情過多なスーパーダーリン×結婚詐欺師(未遂)
がキャッチコピー。
恋愛体質のキャラって女キャラだとよく見かけるけれど、
男キャラでこうやってメインキャラに入ってくるのはあまりない気がするので結構新鮮でした。

壱哉の抱えている悩みは割と古今東西よくあるパターンだと思います。
誰かと自分を比較してネガティブ思考になるというのはね。

自分は兄と違って家族に疎まれている。代わりに使用人の女性や女性客に親切にしたら好印象を持たれた。
それから壱哉の女性依存が始まります。

そして愛されたいから愛して愛した分を返してもらうという代償恋愛を主軸とする壱哉。
愛を返してくれるのなら誰でもいいじゃないか」というヒバリの問に答えられず暴走してしまう壱哉の気持ちは悲痛だっただろうなと思います。

ヒバリが折れて壱哉を受け入れる結果になりましたが、下手すると依存関係になりかねなくて少し怖い。
心療内科受診できるよう春日が手配してくれることを祈りたい。

ストーリー感想

共通ルートから張り切りすぎてヒバリとの距離感が埋まらない壱哉ルート。
普通の女の子になら上手くいくスーパーダーリンのテンプレは、ヒバリには全く効果なし。

壱哉ルートに入って序盤の頃、壱哉がヘマをしてヒバリの心を踏みにじるイベントがあります。
ヒバリにブチ切れられショックだった壱哉は部屋に引きこもります。
泣きじゃくる壱哉を見てけなすことなく受け入れるヒバリ。
これ以降壱哉は少しずつ本来の自分をさらけ出すようになります。

中盤に差し掛かると壱哉にとってのトラウマ・双子の兄である千哉が登場します。
千哉は元々東条家との繋がりを重要視しており、ヒバリと婚約を望んでおりました。

千哉は自分を5人目の花婿候補になると宣言してきます。
壱哉を除く花婿候補は対抗心バリバリでいつでも臨戦態勢の状態ですが、
千哉に劣等感を抱く壱哉には戦う余裕など起きません。

壱哉が腑抜けている間に千哉はヒバリにアプローチをしてきます。
千哉が求めるのはあくまでも東条家としての次期当主である聡明なヒバリ
壱哉が求めるのは「好きな人と結婚をしたい」と囁いていた年相応の恋するヒバリ

愛を与えるのが大得意な壱哉は自分をさらにアピールしてきます。
それでも煮え切らないヒバリには疑問が浮かび上がります。
愛に飢える壱哉が必要としているのは、弱い自分を受け入れ愛を注いでくれる相手。
でもそれはヒバリじゃなくてもいいのではないかと。

痺れをきたした千哉は花婿選びに期限を設けてきます。
期限日前日にデートをする壱哉とヒバリ。ここでヒバリの疑問が溢れ出し、壱哉の告白が台無しになります。

期限当日にヤケになった壱哉は屋敷に向おうとしていたヒバリを拉致して逃げ回ります。
逃げ回った先でもヒバリの疑問に答えられない壱哉は自暴自棄になって泣きわめきます。
ですが泣きわめく中で壱哉はヒバリが欲しかった答えを言ってくれます。
――――

壱哉は面倒くさい人間No.1でした。
親の愛情を上手く吸収できなかった子供の結末って怖いね。
実際結婚詐欺もしかけているし4人の中じゃ一番罪状が重いような。

このルートの目玉は泣きじゃくる壱哉でしょうか。
シーツに包まって泣きじゃくる壱哉のスチルはちょっと可愛かったです。
他の乙女ゲームではあまり見られない構図なので新鮮でしたし、何よりもヒバリの気持ちが少し分かる気がしましたね。
優越感に浸れます。

エンディング感想

LOVEEND

「君がいないと生きていけない」
ちゃんと言ってほしいことを言ってくれた壱哉を受け入れ婚約をすることになります。
豆腐メンタルが自信を持つと別の意味で面倒くさいのがよく分かるエンディングでした。

ANOTEREND

気持ちは通じ合いましたが世間に千哉と婚約する情報が流れてしまい、止めることが出来ませんでした。
結果として千哉と婚約していることになり壱哉とは愛人という立場で付き合うことになります。
表立って付き合うことは出来ませんが割り切ればそれなりに楽しいのかも……?
でもこれ子供ができた時に揉めるパターンだよなぁ。

BADEND

千哉が登場して壱哉が腑抜けている間、ヒバリにアプローチをする千哉。
千哉と婚約するメリットに頷くシーンで千哉はヒバリの言葉を録音しておりました。
これが証言となり強制的に千哉との婚約が進むことになります。

ん~これはヒバリの油断が招いた事態なので春日がブチ切れそうです。
何よりも壱哉のその後が怖いです。自殺してそう。

MARRYEND

壱哉の豆腐メンタルが判明した時にどうなるのだろうか。離婚するのか受け入れるのか気になるところ。

まとめ

壱哉の豆腐メンタルなところや泣きじゃくるシーンに心打たれるルートでした。プレイしていて結構しんどかったです。
その分エンディングは報われて良かったなーっと心から祝福できました。(結婚詐欺師の問題はどうかと思いますが。)
次回は真相ルートと総評で締めたいと思います。

[バリバリ記事一覧]
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)のプレイレポ1(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード) 汐音ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)大我ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)那由太ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード) 真相ルートプレイレポート&総評(ネタバレ有)完 - ゆかりの日記

▼参考になりましたらポチッと一票お願いします♪▼

ゲームプレイ日記ランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

※「VARIABLE BARRICADE」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。