ゆかりの日記

ゲームや映画、ラノベをメインとした感想文ブログ。

VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード) 真相ルートプレイレポート&総評(ネタバレ有)完

f:id:marufujisan:20190428194006j:plain
VARIABLE BARRICADE
公式サイト:VARIABLE BARRICADE

VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)の真相ルートと総評まとめです。
ネタバレ有りですが今回ネタバレの文字は要反転になっています。

フルコンプするのに時間がかかりました。
共通で15時間くらい、個別で8時間くらい×4、真相ルートで1時間くらい。
合計約50時間くらいでしょうか。(ボイスを聞く気がなければ半分くらいで終わると思います)
社会人の私にとっては中々クリアできず大変でした。平成のうちに終わってよかったです。

[参考記事]
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)のプレイレポ1(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード) 汐音ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)大我ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)那由太ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)壱哉ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記

春日について&ストーリー&エンディング感想

完全無欠のガーディアンがキャッチコピー。
全ルートでヒバリの盾となり守ってきた彼ですが、真相ルートでようやく化けの皮が剥がれます。
壱哉のヤケっぷりがマシに思えるほどより危ないキャラでした。壱哉よりも先に春日を病棟に投げ込みたい。

彼の正体はヒバリの「愛情過多なシスコンお兄ちゃん(要反転)」
両親にそのシスコン(要反転)ぶりを危惧されヒバリから引き離されるほどの危険人物。
ヒバリの専属執事になったのはヒバリの女帝姿を見たいためである。

(要反転)としてヒバリのそばにいる気はなく、あくまでも執事として居座ることでヒバリの成長ぶりをみたい春日。
口喧嘩の末、ヒバリは駄々をこねる春日を落ち着かせるべく、専属執事継続を望む春日の意見を飲みます。

その後身バレした春日は花婿候補に対し全力で妨害することを宣言します。
花婿が決まらぬまま季節巡って数ヶ月後、春日は月1回だけお兄ちゃん(要反転)としてデートをしてくれるようになります。
厳しいことを言いつつも(要反転)を溺愛するお兄ちゃん(要反転)の姿はとても印象に残るのでした。
ーーーー

春日最高伝説ここにあり。
ヒバリと春日の最後のスチルはティアブレの某ワンシーンと被りますね。
ティアブレは(要反転)のイヴの方がお兄ちゃん(要反転)好き好きオーラ出しておりましたが。

サブDがティアブレDだと知って真相ルートの仕様は納得できました。
まあこうなるよねーって。

春日が攻略できない理由は真相ルートを見れば一目瞭然なので特に不満はありません。
この作品がオトメイトではなく別会社から出ていれば攻略可能なルートがあったかもしれませんね。
FDが出るとしたら真相ルートベースのお話になるのかな?

総評

(★…+1、☆…0.5。最高で5点満点)

シナリオ ★★★★

胸糞悪いキャラはほとんど出てこないのでシナリオにもそんなに不快な点はありません。
1ルートごとに内容も異なるのでじっくりハマることが出来ました。というか長い!話が!
逆攻略系ラブコメADVと謳っておりますが攻略されている感がなかったのは残念でした。
どの辺りが逆攻略なのだろうか……汐音ルートで追い込まれている辺り?
壱哉はカウンセリングして、大我は喧嘩して、那由太には迫っていたような。

キャラクター ★★★★★

サブキャラ含めて普通の人が1人もいない珍しい乙女ゲームでした。
アクの強いキャラが多いのでそれが苦手な人はご注意を。
私のお気に入りのサブキャラクターは紬ちゃん

音楽 ★★★☆

コメディ作品なのでそれに合わせた曲が多い気がしました。
暗い雰囲気の曲よりは明るい曲のほうが好きなので嬉しかったですね。

スチル ★★★★★

レンドフルールのような細やかな画じゃなくて良かったと思います。
でもカゲローさんの画の魅力を最大限引き出しているのはレンドフルールの方が上ですね。
ちびきゃらスチルは主にギャグ展開時に見ることが出来ます。
枚数ありすぎて本当にお疲れ様ですと直接お伝えしたいくらいです。

システム ★★★

ボードでシナリオが小刻みに別れています。連続感がないのでぶつ切りに感じる人はいるかも知れませんね。

理性値を上げすぎるとBADEND直行するのはちょっと理解出来なかったです。
愛情だけじゃ結婚はうまくいかないと思うんだけどな。
私はてっきり理性値上げると攻略キャラを更生できる話だと思っておりましたよ(笑)

個別ボードに行くとシリアスなシーンでバリケードバトルが発生することが多いのですが、
気の抜けたBGMが流れると一気に気が抜けてしまうのが残念ですね。(※バリケードバトル自体は飛ばせます)

総合 ★★★★(4.1)

まとめ

好みだけでいうと好きなルート及びキャラクターは
汐音=春日>壱哉=那由太>大我 の順でした。

ラブコメは平和でいいですね。グロではなく心が満たされます。


フルコンプしてしまった今専らの楽しみは、オトモバでのいわた氏とカゲローさんへの質問コーナーですね。
私もなにか質問してこようと思います。採用されるといいな~

というわけでバリバリのプレイレポートはこれにて完了です。
今までお付き合いくださりありがとうございました。
次回プレイ作品はゆのはなSpRING!の予定です。

[参考記事]
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)のプレイレポ1(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード) 汐音ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)大我ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)那由太ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
VARIABLE BARRICADE(バリアブルバリケード)壱哉ルートプレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記

▼参考になりましたらポチッと一票お願いします♪▼

ゲームプレイ日記ランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

※「VARIABLE BARRICADE」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。