ゆかりの日記

ゲームや映画、ラノベをメインとした感想文ブログ。

囚われのパルマRefrain 総評

f:id:marufujisan:20190116225956j:plain
CAPCOM:囚われのパルマ Refrain 公式サイト
一通りクリアしたし他の乙女ゲームが積み始めて来ているので、この辺で一旦パルマRとの区切りをつけるために以下まとめます。

過度なネタバレはありませんが、どうしてもネタバレしている部分はあるのでご注意を。
※どちらかというと未プレイの方、パルマRefrainをプレイしようか迷っている方向けの内容です。

【関連記事】囚われ位のパルマRefrainプレイレポート一覧
※全記事ネタバレしています
囚われのパルマRefrain プロローグプレイメモ(同日追記予定) ネタバレ有 - ゆかりの日記
囚われのパルマRefrain 〜エピソード1終了まで プレイメモ ネタバレ有 - ゆかりの日記
囚われのパルマ Refrain エピソード2まで プレイレポ - ゆかりの日記
囚われのパルマ Refrain エピソード3 プレイメモ(ネタバレしかない) - ゆかりの日記
囚われのパルマRefrain エピソード4 プレイレポート - ゆかりの日記
囚われのパルマRefrain エピソード5 レポート - ゆかりの日記
囚われのパルマRefrain エピソード6 プレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
囚われのパルマRefrain エピソード7 プレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記
囚われのパルマRefrain エピソード8 プレイレポート(ネタバレ有) - ゆかりの日記

エンディング3種クリアしてからというもののどうまとめようかとても迷いました。
CS乙女ゲームと同じく買い切り制とはいえ課金アプリなので構造が異なります。
普通の乙女ゲームのように項目別にまとめてもよかったのですが、私が気になったところだけまとめようと思います。

作品について

ゲームの流れとしては以下の通り。

  1. LINEみたいなメッセージを送れるアプリで攻略キャラと文字でコミュニケーションを取る
  2. 舞台となる孤島で情報収集、サブキャラとの交流、クエストをこなす
  3. 攻略キャラと面会(フルボイス)をして話が進む

以下繰り返し

前作との比較

前作の無印パルマから諸々パワーアップしていました。

項目 無印パルマ(前作) パルマRefrain(今作)
エピソード数 6 8
カメラ視点数 3 4
テキストスピード調整
個別ボイスON/OFF
サブキャラボイス 一部あり
イベントスキップ
メッセージ送信先 攻略キャラのみ 攻略キャラ+サブキャラ2名*1
メッセージでスタンプ送信
面会中のリアクション タッチ等の触る操作 タッチ等の触る操作、視点を変える、近づく
面会延長 課金後は自動で延長 課金後は延長するか選択可
攻略のヒント 攻略キャラのセリフ・クエストの結果 マダムの診断、攻略キャラのセリフ、クエストの結果
スチル枚数 ストーリー:6枚、クエスト:11枚 ストーリー:7枚、クエスト:9枚
エンディング 3種 3種
おまけ エンドレスモード有
システム面がパワーアップしているとはいえ、ようやく通常の乙女ゲームのシステムに追いついてきたというのが本音です。
個人的にはマダムの雄叫びがうるさいので個別ボイスのON/OFFができれば良かったですね。

エンドレスモードは乙女ゲームにおけるファンディスク的な要素。
私個人として乙女ゲームのファンディスクにハマらない性格なのであまり興味は持てません。

しかし次回作の冬男*2が出てくれることを祈って、しばらくチアキとのエンドレスモードにお付き合いしようと思います。
エンドレスモードについてはある程度遊んだらまた記事にしますね。

課金要素*3

www.capcom.co.jp
公式サイトの文面にある通りこのアプリは最初にプロローグ+エピソード1分の360円を払い、エピソード2話以降はすべてアプリ内課金となっています。
要するに課金アプリですね。

CS乙女ゲームに慣れている方からしたら「ひとまとめに売ってくれ」って思う人もいると思います。
実は私もそう思っています。
でも開発陣の思惑としてひとまとめにして売る気は元々ないと過去のインタビューで断言していますので課金に抵抗のない方向けの作品であることは明白です。

……で結局エンディングに向かうためにいくらかかるの?
という疑問を抱くと思います。
実際どれくらいかかったのか調べてみました。

■メインシナリオ

プロローグ+エピソード1 360円
エピソード2~8 360円×7=2,520円
合計2,880円…①
正直な感想を言いますとメインシナリオだけでクリアすると攻略キャラの魅力を十分感じられないと思います。
というのも確かにメインシナリオだけで話は進むのですが恋愛シチュエーションは面会延長に含まれている場合が多々あるからです。

■面会延長(全24回分)

120×24=2,880円…②
面会延長はプロローグと、各エピソードの第四面会にはありません。
1エピソードにつき3回、全8エピソードあるので合計24回となります。
面会延長の話は恋愛シチュエーションだけでなく、メインシナリオの補足的な意味合いもあります。
シナリオをたっぷり味わいたい方は面会延長必須です。

■メモリアル面会(全8回分)

240×8=1,920円…③
必須以外の連続するクエストがあります。
これを一通りクリアするとクエストスチルが開放+専用の面会(メモリアル面会)が見られます。
クエストスチルの方はクエストをこなせば閲覧できますが、メモリアル面会は課金をしないと見られません。
これも攻略キャラの魅力を知りたい、イチャイチャしたいのなら課金する必要があります。

■ボイスレコード (全16回分)

240×16=3,840円…③
ボイスレコードとは相談員が加わらない会話集(フルボイス)です。楽しいものもあればキュンとくるものもあります。
購入する前に少しだけ内容を確認できますので自己責任で課金するか否か考えましょう。
個人的なオススメは「CDを守るためなら……」「から揚げは嫉妬の香り」

■バラエティセット(エピソード2以降、全7回分)

840円×7=5,880円…④
一番オトクなのがバラエティセットを購入すること。
バラエティセットの内容は面会延長+メモリアル面会+ボイスレコードがすべてまとめられたセットです。

個別課金(エピソード毎) 課金額 バラエティセット(a,b,c全部入り)
a.面会延長 120×3=360円 840円(エピソード毎)
b.メモリアル面会 240×1=240円
c.ボイスレコード 240×2=480円
合計金額(a+b+c) 1,080円

①+④=8,760円
バラエティセットで購入したほうが安上がりです。
この「メインエピソード+バラエティセット」でプレイするのが一番効率良いと思われます。

この時点で課金額=CS乙女ゲームの限定版になるくらいの額になりましたね。
……残念ながらまだ課金要素あるのですよ。

■スペシャル面会セット(全?回)

2019.2.22現在まだ1つしか配信されていません。
スペシャル面会セット1つにつき360円かかります。…
配信されているスペシャル面会セットの内容はバレンタインにちなんだ内容です。

おそらく季節ごとに何かしら配信されるのではと予想されますがまだなんとも言えません。
基本的に最後までプレイして、作品を好きになった人向けの内容ですね。

■レンタル衣装(全8種)

480×8=3,840円…⑥
夢アプリというミニゲームのほかゲーム内でも着てくれます。面会では着てくれません。
これは完全にオマケ要素なので興味がなければスルーしましょう。

■差し入れレシピ(全8種)*4

120×8=960円…⑦
収容されている攻略キャラクターに食事を差し入れることができます。
差し入れるにはレシピと材料が必要であり、揃ったら食堂のおばさんに調理してもらって食事を差し入れることになります。
レンタル衣装と同じくオマケ要素なので興味があれば課金してみましょう。

■テレフォン(全?種)

未配信。
無印パルマと同じ仕様ならば、基本的にクリアしてから聴くほうがネタバレにならずいいと思います。
メッセージや面会等のリアクションはなく、音声のみで繰り広げられる会話イベントです。
無印パルマ同様、基本的にラブラブなシチュエーションばかりになると思われます。


課金の種類については以上となります。
現時点で全制覇したい人は最低①+④+⑤+⑥+⑦=13,920円かかるということですね。
シナリオ重視の人は①+②=5,760円かかると思っていたほうがいいですね。
お試しでプレイしたい人は①=2,880円となります。
ちなみに私は全課金しました。テヘペロ。今思うととんでもない額だな……

私は正直カプコンに対して挑戦したなと言いたいです。
無印パルマに思い入れのある方が多い中、新キャラを生み出すのはとても大変だったと思います。
それに加え今作はエピソードが2つ分増加しているので課金額が以前より増しています。

この状態で新キャラを受け入れられる体制を整えなければなりません。
だから突発的にイベントを起こし、少しでもプレイヤーを増やそうと躍起になっていたのかもしれませんね。

チアキ・カシマ

唯一の攻略キャラクター。
何重にも謎を秘めています。謎のオンパレードです。
基本的に好きな相手に対しては良くも悪くも貪欲に求めていくタイプだと思います。

ハルト、アオイと比べて大分男らしい男だと感じました。
特に序盤~中盤仲良くなる前顕著に現れましたが、女心に配慮しない点が妙にリアルです。
プレイ中はメスになりきってプレイできたのでとても新鮮でしたね。

声を担当された石川界人さんの演技に大変感銘を受けました。
これからの追加コンテンツも期待しております。

相談員

プレイヤーの分身、要するに自分自身です。
設定的には結構行動派だと思います。
過去に囚われたチアキを引っ張っていくにはある程度自発的に動ける役でないと務まりませんから。

エンディング1の相談員は母性あふれる女性、エンディング2の相談員は常識的な女性、エンディング3の相談員は意志の強い女性だと思われます。

須田看守

自分の縄張りは常にリードしておきたいドS。
言いたいことを言いやりたいことをやっているので基本的にストレスはあまり溜め込まないでしょう。
正直イキってるし勘違いしているしウゼエの一言なんですが、声を担当されたのが櫻井さんなのでイライラしすぎなかったですね。声優に助けられました。

門司くん

本人はコミュ障と思っているようだけどネトゲでパーティ内をまとめるリーダーをやるくらいの行動力はあります。
見た目が残念とはとはいえ萌キャラ等のフィギュアではなくお城の模型を作成したり、サバゲーに関心を向けていたりと内向的なオタクではなく比較的外向的なオタクです。
彼の結末は是非プレイして御覧ください。やっぱ辛えわ。

BGM

ピアノの旋律が多い。ピアノ好き、落ち着いた雰囲気が好きな人ならハマれるでしょう。
サントラも発売されていますが、似たような曲ばかりなので単体買いしてもいいと思います。
私は「限りある時間」「囚われのパルマ Refrain」が好きですね。

まとめ

一言で言うと中々課金がえげつねえです
課金に対して嫌悪感を抱かない人向けです。ぶっちゃけ。

でもプレイして良かったと思えるくらいチアキ・カシマに夢中になれたし、
シナリオもそこそこ楽しめたので(謎が中途半端に残りましたが)プレイして良かったですよ。

どうしても課金額に不満な方はまず無印パルマ(前作)をやってみるものいいと思います。
現在無印パルマ(前作)はセール中ですし通常価格で購入するより大分お安くプレイできます。
ハルト編はチアキ編と絡む要素がありますのでおすすめです。

それでいつかパルマRefrainがセール対象になったときにまとめて購入する……というのもアリかもしれません。
CAPCOM:囚われのパルマ 公式サイト

次回作・冬男は無事配信されるのかは分かりませんけどほどほどに期待して待っていますね。
パルマ開発スタッフの皆様、チアキ・カシマを世に出してくれてありがとうございましたm(_ _)m

f:id:marufujisan:20190223013825p:plain
ありがとうパルマR

*1:プレイヤー側からメッセージを送信できる相手は攻略キャラのみ

*2:ハルト(前作キャラ)…春、アオイ(前作キャラ)…青、チアキ…秋。攻略キャラに四季をイメージさせているため冬男と表記

*3:エンドレスモードを除く

*4:嬉しい誤算のバレンタインセットに付属していたのか失念したので「バレンタインチョコ」はこの項目から外しました。どっちだっけ??